ブルーベリーのアントシアニンで目を健康的に

近年、情報化社会が進行し、目を酷使するケースが増えています。
仕事ではパソコンを眺め続け、書類を隅々までチェック。
昼休みや夜になると、スマホを眺め続ける。
これでは目が疲れてしまって当然です。
ですが、だからといって目を酷使するなと言ってもそれは不可能なこと。
パソコンやスマホを眺めるのを禁止するなんてことはまず持ってムリです。
では、どうしたら目に優しくできるのでしょうか?
中心性漿液性脈絡網膜症のサプリメント
一つの方法としてあるのが、ブルーベリーなどのベリー系食べ物で、アントシアニンを摂取して目が疲れないようにすることです。
アントシアニンは、色の判別を司るロドプシンの再合成に深く関わっています。
人間が色を識別するのは、目の奥で、ロドプシンという成分が分解される時に色を識別しています。
このロドプシンの再合成を手助けするのが、アントシアニン。
中心性漿液性脈絡網膜症

 

アントシアニンはブルーベリーやビルベリーなどのベリー系植物から摂取することができるのです。
毎日継続することで、目を保護することに繋がり、眼病予防にも効果が期待できます。
しっかり継続して、健康な目を保ちましょう。